キッチンカーでたこ焼き屋を開業するには?手順や年収、成功ポイントを徹底解説|キッチンカーマガジン

メニューを考えよう
キッチンカーでたこ焼き屋を開業するには?手順や年収、成功ポイントを徹底解説|キッチンカーマガジン
最近では、日常の街中や様々なイベントで頻繁に目にするようになったキッチンカー。飲食店を開業しようとする多くの人たちの中には、キッチンカーでのスタートを検討している方も増えています。本記事では、その中でも特に注目されている「たこ焼き屋」のキッチンカー開業に焦点を当て、各種手続きや成功の鍵について詳しく解説していきます。キッチンカーを活用した飲食業の始め方に関心をお持ちの方は、ぜひこの記事を参考にして、スムーズなスタートを目指しましょう。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

キッチンカーの開業にたこ焼き屋がおすすめの理由

老若男女様々な顧客に人気

たこ焼きは幅広い年齢層と性別、また様々な国籍にわたり、そのポピュラリティは高いです。日本国内では老若男女を問わず親しまれ、世界中の食文化にも浸透しています。そのため、たこ焼きを提供するキッチンカーは、国内外の多様な顧客にアピールでき、安定的な需要を見込めます。馴染み深い味わいと手軽な食べ方が広く受け入れられ、食文化の枠を超えて愛されているたこ焼きは、幅広い顧客のファンがつけやすいメニューとなります。

季節や時間帯に左右されず売れるメニュー

たこ焼きは季節や時間帯に左右されずに売れるメニューです。他の季節限定商品とは異なり、かき氷や焼き芋のような季節依存性が少ないため、一年を通して安定した売り上げが期待できます。また時間帯の制限も少なく、お昼のランチから夕方の軽食まで広範な時間帯で愛され、これにより需要の安定性が確保されます。たこ焼きのキッチンカーが柔軟かつ効率的に営業でき、季節変動に左右されない展開が可能です。たこ焼きのキッチンカーはその普遍的な魅力と利便性から、幅広い時間帯で安定的なビジネスを展開できます。

たこ焼きはメニューのアレンジ幅が豊富

たこ焼きは、それだけでも十分勝負できる人気メニューですが、アレンジしやすい点も大きなポイントとなります。たこ焼き自体も原材料や製造を変えることで、カリカリに仕上げたりフワフワの食感を提供できたり、大きさも一口サイズから大きめのサイズなどさまざまなアレンジができます。また、中身に関してもたこ焼きのキッチンカーとしてタコだけではなく、タコ等の魚介類だけではなく、肉類を入れるなどアレンジが様々となるため、オリジナルの一品を開発して提供することができます。

様々なメニューの中でも原価率が低いメニュー

たこ焼きは単体でも十分に人気がありますが、そのアレンジ性が大きな強みです。原材料や製造プロセスを変えることで、カリカリの食感やフワフワ感など様々なバリエーションを楽しめます。サイズも一口から大きなサイズまで自在に変更可能です。中身に関しても、伝統的な魚介類だけでなく、肉類を使用したり他の具材を組み合わせたりすることで、無限のアレンジが可能です。これにより、キッチンカーはオリジナリティ溢れるたこ焼きの提供ができ、顧客に新しい味わいや楽しみを提供できるでしょう。アレンジの自由度が豊富なため、競争に差別化をもたらし、ビジネス展開をより一層魅力的にします。

キッチンカーでたこ焼き屋を開業するデメリットは?

調理がシンプルなのでキッチンカーの競合店が参入しやすい

たこ焼きの特長として「特殊な調理器具が不要」という利点が挙げられます。この利点は新規キッチンカーの開業において低い参入障壁を意味しますが、同時に他のキッチンカー事業者も容易に参入できるため、競合となるキッチンカーが簡単に現れる可能性も考えられます。競合の少ない段階で開業したとしても、将来的には競合が増える可能性があるため、事業者は慎重な計画が求められます。例えば、新しい出店場所を常に検討し、競合に対抗できる戦略を構築することが重要です。これにより、競合の増加に柔軟に対応し、事業の持続的な成功を目指すことができます。

普及が幅広いメニューのためオリジナル感を出す必要がある

たこ焼きは幅広い層に人気があり、どこでも手軽に購入できる商品です。その普及度の高さから、たこ焼き単体ではなかなかリピーターを獲得するのは難しいかもしれません。お客様の印象に残り、差別化を図るためには、たこ焼き自体にアレンジを加え、オリジナリティ溢れるメニューを提供することが不可欠です。
また、同じ場所に定期的に出店することで、お客様にキッチンカーの存在を認知してもらう戦略も重要です。変化に富んだメニューや季節限定のアイテム、特別なイベントなどを通じて、常に新しい驚きや楽しさを提供することで、リピーターの獲得とファンの拡大が期待できます。キッチンカーのお店自体が個性的で印象的な存在になるよう、継続的な戦略の構築が求められます。

キッチンカーでたこ焼き屋を開業する方法

飲食店営業許可と食品衛生責任者資格の両方が必要
たこ焼きのキッチンカーを運営する為には、「飲食店の営業許可」を手に入れる必要があります。この許可は、キッチンカーの販売場所地域を管轄する保健所の検査を受け、合格することで取得できます。つまり、キッチンカーの車体は保健所の基準に合致し、適切な設備や仕様を備えている必要があります。
また、たこ焼きのキッチンカーを開業するには、「食品衛生責任者資格」が必要ですが、他の調理師免許は不要です。この資格は、各都道府県で開催される「食品衛生責任者養成講習会」に参加することで、飲食業界での勤務経験の有無にかかわらず、1日で取得できます。

開業時に必要な初期費用はキッチンカー購入費用と開業後の運転費用
たこ焼きのキッチンカーを始めるには、2つの初期費用が必要です。最初に挙げられるのは、キッチンカー内でたこ焼きの調理に必要な厨房設備などの施設費用です。また、外装面では看板やのぼりなどの販促費用や、飲食店営業許可や食品衛生責任者資格の取得にかかる費用も考慮する必要があります。
もう一方の初期費用は、開業直後の運転費用です。これにはたこ焼きの材料調達費用やキッチンカーの燃料費など、キッチンカー運営に関連する費用が含まれます。また同時に、開業初期の生活費も考慮する必要があります。売上が十分に上がらない可能性が高い初期段階では、事前に運転費用を計画しておくことが肝心です。

仕込み場所は地域ごとにルールが違うので要確認
たこ焼きだけではなく、キッチンカーの開業を検討する多くの人が直面する疑問は、「どこで仕込み調理を行えばいいのか?」です。ネット上にはさまざまな情報がありますが、地域ごとに異なる規則があるため、自ら保健所に確認が必要となります。
たとえば、千葉県では自宅のキッチンでの仕込みが可能ですが、東京都では飲食店営業許可を取得した場所でないと仕込みが許されません。
仕込み場所は大まかに「調理用の建物・施設」と「キッチンカーの車内」の2つに分けられます。もともとキッチンカー車内での仕込みは不可能でしたが、2021年6月の改正食品衛生法施行により、条件を満たした車両であればキッチンカー車内での仕込みが可能となりました。ただし、これも地域によってどこまでの調理工程が認められるかが異なるため、保健所への確認が不可欠です。

たこ焼き作りに必須の道具(調理器具)

・たこ焼き器
・泡立て器
・計量カップ計量器
・柄杓(ひしゃく)
・ボウル(大・小)
・ざる
・調味料入れ
・着火ライター
・食品保存容器
・寸胴
・粉つぎ
・油引き
・千枚通し
・ディスペンサー
・冷蔵庫
・冷凍庫
・提供用の容器・割り箸 など

キッチンカーでたこ焼き屋を開業したら儲かる?

キッチンカーは、オフィス街のような人がたくさん集まる場所だけでなく、今後は高齢化社会に伴い過疎化地域での需要も高まってくると考えられています。

ある程度の集客が見込める場所であれば、儲かると考えてよいでしょう。

たこ焼き屋をキッチンカーで開業した場合の利益は?

たこ焼き屋のキッチンカー開業では、平均的な月収が約30万円前後とされています。しかし、この数字は一般的な目安であり、経営者の経営手腕や戦略によって大きく変動します。実際には、月収100万円以上を達成している開業者も少なくありません。
成功事例を見ると、効果的な営業戦略や顧客獲得策、効率的な経営体制などが収益向上に寄与しています。例えば、人気の出店場所の確保や営業時間の最適化、多彩なメニューの提供、SNSやイベントの活用など、様々な要素が収益の向上に寄与します。また、地域の需要や季節性に合わせた展開も収益を左右します。

事業計画を立てキッチンカー購入費用と開業後の運転費用を準備する

たこ焼きのキッチンカーを始める際には、事業計画の策定が重要です。可能な限り情報を収集し、高い精度の事業計画を立てることが肝心です。当然ながら、事業計画には売上金額だけでなく、各種の費用も含め、しっかりと利益が見込まれることが必要です。逆に計画時点で利益が見込めない場合は、出店を検討すべきではありません。
事業計画が完成したら、次は開業時に必要なキッチンカー購入費用と開業後の運転費用を調達するための資金計画を立てます。資金調達の方法としては、「自己資金」「借入金(ローン・融資)」「助成金・補助金」のいずれかを考えることができます。高い精度の事業計画があれば、借入金の申し込み時にも有益な資料となります。

キッチンカーのたこ焼き屋で成功するポイント

材料やトッピングを工夫することで単価を上げる

キッチンカーで安定的に利益を上げるためには、客単価を向上させる工夫が不可欠です。その中でも、提供する料理に付加価値を付け、販売価格を引き上げることが客単価を向上させる代表的な手法です。材料に工夫を凝らすことで付加価値を提供することが可能です。
基本のたこ焼き自体にアレンジを加え、トッピングにもオリジナリティーを出すことによってお客様にオリジナルな価値を提供することで客単価の向上ができます。

出店場所の確保をし、見込み顧客の呼び込みを徹底する

キッチンカーの成功には、何よりもまず「出店場所の確保」が絶対に不可欠です。出店ができなければその日の売り上げはゼロとなりますので、「出店場所の確保」は営業活動の中で最優先で対応すべき業務と言えます。
同時に、「見込み顧客の呼び込み」もキッチンカーの成功には欠かせません。キッチンカーの前を通りかかる人々に、できるだけ多くの人に購入してもらえるような工夫が必要です。たこ焼きを販売していることや商品の魅力が一目で伝えるためには、外装を整え、看板やのぼり、タペストリーなどを活用しましょう。これにより、興味を引きつけて実際に購入に結びつける効果的な仕掛けを作り出すことができます。

仕入れコスト削減をバランスよく考える

たこ焼きのキッチンカー経営において、材料調達は重要なコスト要因となります。仕入れコストを削減するためには、生産者とのダイレクトな取引や卸業者との協力など、柔軟で効率的な調達戦略を構築しましょう。ただし、品質へのこだわりと価格のバランスを考慮することが必要です。材料に高額な投資をすることで販売価格が高騰すれば、需要の低下や競争力の喪失につながりかねません。
一方で、品質の低い材料を使用することも避けなければなりません。たとえ仕入れコストが低くなったとしても、おいしさや満足度が低ければリピーターの獲得が難しくなります。購入先の選定においては慎重にバランスを見極め、顧客に高品質なたこ焼きを提供することが肝要です。
また、生産性向上と粗利率の安定化の観点から、お客さんの出足や需要に合わせた柔軟な材料調達が求められます。これにより食材ロスを最小限に抑え、経営効率を向上させることができます。綿密な仕入れ戦略の構築は、経営の持続可能性と競争力の確立に寄与します。

外装にも工夫を

たこ焼きのキッチンカーは競合が多い市場のため、外装でも差別化をはかることをおすすめします。
キッチンカーの外装は、見る人の印象にインパクトがあります。キッチンカーの外装は、お店のコンセプトがしっかりと伝わるように、コンセプトのメインカラーで塗装することをおすすめします。また、看板・のぼり・タペストリーなどの装飾でお店の良さをアピールしていきましょう。

【成功事例】人気なたこ焼きのキッチンカー6選

1.たこやき処黒田

都内と埼玉エリアで展開をしているキッチンカーです。たこ焼きのメニューはモチモチとろとろの食感がたまらない、新感覚のたこ焼きです。冷めても美味しいから、その場で食べてもご自宅で食べても美味しさが続く、一度食べたらやみつきになること間違いなしの逸品です。

2.京風たこ焼き福篭

メインのメニューは「揚げタコ焼 岩塩マヨ」を展開しているキッチンカーです。たこ焼きの生地はあっさりとした味わいでありながら、濃厚なだしの風味が口いっぱいに広がります。その特長的な表面は揚げられてカリカリで、噛むたびにコッテリとした食感が楽しめます。岩塩の粗挽き粒が華やかなアクセントを添え、一口食べれば贅沢な味わいが広がります。風味豊かな揚げタコ焼 岩塩マヨで、新たなたこ焼きの魅力をお楽しみいただけます。

3.ばくだん焼き本舗

オレンジとイエローのボーダーが目印のキッチンカー 。キッチンカーだけでなく、固定店舗も国内に約20店舗、韓国2店舗展開しており、国内外問わず愛されているお店です。
すごいのは種類の多さ!定番の味から変わり種まで、なんと約20種類のバラエティ豊かなメニューを取り揃えており、更なる美味しさを求めて新メニューが続々と登場しています。気になるお味は、ヘルシーなものから、ガッツリ系まで揃っているので、お子様からご年配の方まで幅広い方にお楽しみいただけます。お好み焼き以上の種類の具材の旨みを逃さない様、たこ焼きの様に包み焼き上げられた、外はカリカリ、中はトロトロのばくだん焼き。焼きたての上から、オリジナルソースをたっぷりかけた、アツアツは絶品です。

4.キッチン 絆

高田馬場で『本場大阪串カツ 絆』を営み、飲食業界で10年携わっている大ベテランが次に仕掛けるのが、「昔ながらのたこ焼きキッチンカー」。
長年愛されている昔ながらの味を追求し、アジアン屋台のコンセプトでお届けするたこ焼きは、外はカリッと、中はフワッとした食感が魅力で、食べ飽きないソース味が広く支持されています。これはまさに、元祖たこ焼きの風味そのもの。一口食べれば、ながらの屋台で味わったような懐かしさを感じられます。

5.ホットプレス七海

オレンジのキッチンカーがトレードマークの「ホットプレス七海」のイチオシは、外はカリカリ、中はとろ~り!の「揚げたこ焼き」です。こんがりとした焼き色がたまらなく、「たこ焼きはカリカリ派」という方にぜひ食べて欲しいメニューです。
美味しさの決め手はお出汁。じっくりと焼き揚げたことで、こんがり焼き色のついたたこ焼きは、お出汁の風味が存分に効いており、一口食べるお出汁の旨味がお口いっぱいに広がります。その見た目や香ばしい香りが食欲をそそります。

6.咲たこ

京都発のキッチンカー「咲たこ」は、京都産九条ネギを使った京風たこ焼きのキッチンカーです。京風だしをしっかり聴かせた生地を熱々に焼き上げてご提供している京風たこ焼きは外はカリッとしていて、中身はトロッとした感触でとても美味しいです。
中でもたこ焼きに九条ネギをのせ特製だし醤油をかけていただく『ぶっかけネギだし醤油』がオススメです。また、『モダンオムたこ』などオリジナルメニューも満載のキッチンカーです。

キッチンカーを始めるならMellow

開業準備や営業場所の確保などを1人で行うのは簡単なことではありません。しかし自分のアイディアと腕次第で収入アップが期待できるたこ焼きの移動販売は、苦労が多いからこそ挑戦しがいがあります。移動販売の強みを理解し、開業準備をスムーズに進めましょう。

開業についてプロのアドバイスが欲しいという人は、キッチンカー出店場所の紹介や、事業計画、コンセプトといった開業準備から出店までのトータルアドバイスを受けられるMellowのキッチンカーセミナーに参加し、相談してみるのもおすすめです。

Mellowではキッチンカー開業に関する具体的なご相談から、まだ検討段階だけどいろいろ聞いてみたいという方に向けた無料セミナーを対面とオンラインで開催しています。開業を具体的に検討されている方にも、まだ情報収集段階という方にもオススメです。ぜひあなたも参加してみませんか?

まとめ

たこ焼きに限らずキッチンカーの開業を考えている人なら開業後には出店場所の選定がとても重要となります。
自身で出店場所を探すのが困難な場合は、株式会社Mellowが無料で提供する「SHOP STOP登録相談窓口」があります。日本最大級のキッチンカー出店場所プラットフォームであるMellowが提供する、出店場所相談サービスです。SHOP STOPの登録は必要になりますが、登録後はキッチンカーで出店したい方ひとりひとりに専属アドバイザーが付き、ニーズに合った出店場所を提案しています。

キッチンカーに関する主な記事

キッチンカー開業を検討中の方は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎