ホットドッグのキッチンカー(移動販売)を開業するには?コツや注意点を徹底解説

メニューを考えよう
ホットドッグのキッチンカー(移動販売)を開業するには?コツや注意点を徹底解説
キッチンカーでのホットドッグ店開業は、小スペースと低予算で自分の飲食店を持つ絶好の機会です。ホットドッグは幅広い世代に愛される食べ物で、そのためキッチンカーでのホットドッグ店は高い需要を期待できます。では、キッチンカーでホットドッグ店を開業するためにはどのような準備が必要でしょうか?車両やホットドッグを調理する機器などの設備はもちろん、関係各所への申請や許可取得など、進めなければならない手順があります。ここでは、キッチンカーでホットドッグ店を開業するまでの流れについて詳しく解説します。

目次

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

ホットドッグのキッチンカー開業でおさえておくべき基礎知識

飲食店営業許可と食品衛生責任者資格の両方が必要

ホットドッグのキッチンカーを運営するためには、「飲食店の営業許可」が不可欠です。この許可は、保健所の検査に合格し、キッチンカーが基準を満たしていることを確認することで取得できます。キッチンカーの車体は保健所の指針に従い、必要な設備と仕様を備えなければなりません。また、ホットドッグのキッチンカーを運営するには、「食品衛生責任者資格」が必要です。この資格は、食品衛生に関する講習を受け、合格することで取得できます。飲食業界での勤務経験がなくても、各都道府県で開催される養成講習に参加すれば1日で資格が取得可能です。これらの手続きを完了することで、おいしいホットドッグを提供するキッチンカーを合法的かつ安全に運営できます。

開業時に必要な初期費用はキッチンカー購入費用と開業後の運転費用

ホットドッグのキッチンカーを立ち上げるには、まず初期費用が不可欠です。キッチンカー内の厨房設備や販促用具にかかる施設費用、そして営業許可や食品衛生責任者資格の取得に関する費用がこれに含まれます。同時に、開業後の運転費用も見逃せません。これにはホットドッグの材料調達費や燃料費が含まれ、初期段階での生活費も考慮する必要があります。計画的な資金調達と経費管理が成功の鍵となり、初期売上が不確定な中でも着実な経営を築くことが重要です。安定した経済計画と柔軟な経営戦略をもとに、おいしいホットドッグで人々を魅了するキッチンカーを展開していきましょう。

イベント・ランチ・軽食と様々な出店ができる

キッチンカーの成功は緻密な戦略に依存します。主要な出店場所はショッピングモールやイベント、ランチ時のオフィス街などがあり、これらの選択によって販売の幅が変動します。また、メニュー戦略も重要で、スイーツはランチ向けには適していない一方で、ホットドッグは手軽な軽食からボリューム満点の食事まで多岐にわたります。この柔軟性がホットドッグのキッチンカーを様々な場所で成功に導きます。戦略的な場所選定と魅力的なメニューにより、広範な顧客層にアピールし、持続可能な事業展開が可能となります。成功の鍵は地道な計画と市場調査にあり、これにより変化する需要に適応し、成長を遂げることができます。

仕込み場所は地域ごとにルールが違うので要確認

ホットドッグだけではなく、キッチンカーの開業を検討する多くの人が直面する疑問は、「どこで仕込み調理を行えばいいのか?」です。ネット上にはさまざまな情報がありますが、地域ごとに異なる規則があるため、自ら保健所に確認が必要となります。
たとえば、千葉県では自宅のキッチンでの仕込みが可能ですが、東京都では飲食店営業許可を取得した場所でないと仕込みが許されません。
仕込み場所は大まかに「調理用の建物・施設」と「キッチンカーの車内」の2つに分けられます。もともとキッチンカー車内での仕込みは不可能でしたが、2021年6月の改正食品衛生法施行により、条件を満たした車両であればキッチンカー車内での仕込みが可能となりました。ただし、これも地域によってどこまでの調理工程が認められるかが異なるため、保健所への確認が不可欠です。
なお、キッチンカーの開業で抑えるべき基礎知識については、以下の記事でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

ホットドッグのキッチンカー開業のための準備

1. 事業計画を立てキッチンカー購入費用と開業後の運転費用を準備する

ホットドッグのキッチンカーを始める際には、事業計画の策定が重要です。可能な限り情報を収集し、高い精度の事業計画を立てることが肝心です。当然ながら、事業計画には売上金額だけでなく、各種の費用も含め、しっかりと利益が見込まれることが必要です。逆に計画時点で利益が見込めない場合は、出店を検討すべきではありません。
事業計画が完成したら、次は開業時に必要なキッチンカー購入費用と開業後の運転費用を調達するための資金計画を立てます。資金調達の方法としては、「自己資金」「借入金(ローン・融資)」「助成金・補助金」のいずれかを考えることができます。高い精度の事業計画があれば、借入金の申し込み時にも有益な資料となります。

2. キッチンカーを購入したら保健所の営業許可を取得する

キッチンカーのベース車両として、一般的には軽トラック、1.0t普通車トラック、1.5t普通車トラックのいずれかが一般的です。ホットドッグ販売においては、軽トラックサイズのキッチンカーがおすすめされます。これは、必要な調理器具がホットドッグのソーセージとパンを温めるものだけであり、それほど大きなキッチンスペースが不要であるためです。
キッチンカーを購入する前に、出店する場所を管轄する保健所に事業計画を持参し、営業許可に必要な設備や条件を確認することが重要です。理由として地域によって必要な設備が異なることがあるためです。
保健所の情報を基にしてキッチンカーの仕様を確定したら、発注を行います。納期は通常1~2カ月かかることがありますので、その期間にメニュー開発、備品発注、保健所への申請書類の準備などを進めておきましょう。キッチンカーが納車されたら、保健所の検査を受け合格すれば、即座に営業許可が取得できます。取得した営業許可があれば、いつでもキッチンカーを開業することが可能となります。

3. キッチンカーの営業に必要な出店場所を確保し運用開始する

保健所の営業許可を取得し、出店場所が確保できたなら、ホットドッグのキッチンカー営業をいつでも開始することできます。キッチンカーの購入と同時に、出店場所の探索を開始しましょう。
出店場所を探す観点としては、ホットドッグが向いている出店場所はどのような場所が良いか、出店料がいくらくらい必要なのかといった観点で出店場所の探索をすることをおすすめします。

キッチンカーの開業にホットドッグが向いている理由

どの季節・どんな場所売れるので出店機会が多い

ホットドッグは、かき氷や焼き芋などのように季節による売り上げの大きな変動がないです。また1日を通して考えるとお昼のランチ需要だけではなく夕方にかけての軽食需要まで幅広い時間帯で安定して売れるメニューです。この特徴により、季節や時間に左右されずに一定量の販売が期待できます。
また、ホットドッグは幅広い出店場所に適しています。ホットドックといったメニューの特徴を活かし、昼間はオフィス街や大学などでランチ出店を行い、夕方には駅前広場などで軽食出店を行うことで、1日の売り上げを最大化することが可能です。ホットドッグの特性とキッチンカーの高い機動性を組み合わせて、異なる場所や時間において多様な出店機会を活かすことができます。

固定店舗も含めホットドッグは競合となる専門店が少ない

ホットドッグ専門店は、ハンバーガーやサンドイッチといった同様のパンメニュー専門店に比べて、競合が少ないというメリットがあります。同じジャンルでの専門店が少ないため、イベント出店時におけるメニューが被るといった競合リスクが低く、出店場所の獲得がしやすいです。
商業施設やショッピングモールなどでは、一般的に既存の固定店舗メニューをキッチンカーが提供することが難しい場合があります。ホットドッグ専門店は他ジャンルと比較して固定店舗とのメニュー被りが少ないです。メニューが被らないといった観点から、出店場所を確保しやすくなります。

特殊な調理器具は必要なく簡単に調理ができる

ホットドッグの調理工程は非常にシンプルで、切れ目を入れた温めたパンにウィンナーを挟み、トッピングやソースをかけるだけです。専門調理器具を使用して事前にパンやウィンナーを温めておけば、注文が入ってからの調理作業はごくわずかとなります。提供スピードはキッチンカーの売上を大きく左右する重要なポイントとなります。
また、調理工程がシンプルなため、イベントなどで雇ったアルバイトスタッフでもすぐに調理を担当できる戦力となります。特殊な器具や高度なスキルが不要なメニューであるため、キッチンカーの運営において大きなメリットとなります。

材料やトッピングを工夫することで単価を上げやすい

キッチンカーで安定的に利益を上げるためには、客単価を向上させる工夫が不可欠です。その中でも、提供する料理に付加価値を付け、販売価格を引き上げることが客単価を向上させる代表的な手法です。ホットドッグの基本的な材料はウィンナー、パン、ソース、トッピングの3つだけですが、これらに工夫を凝らすことで付加価値を提供することが可能です。
例えば、ウィンナーにはブランド豚やパンには全粒粉などの高品質な素材を使用することで、商品に特有の価値を与えることができます。ソースやトッピングにおいては、バラエティを増やしたり、手作りの商品や味にこだわったアイテムを提供することで、ユニークな付加価値を付けることができます。これにより、お客様にオリジナルな価値を提供することで客単価の向上ができます。

セット販売としてドリンクも提供しやすい

客単価を向上させる効果的な手法には、複数メニューをセット販売することがあります。特に、食べ物と飲み物の組み合わせは多くのキッチンカーが取り入れています。ホットドッグは甘いソフトドリンクからコーヒーやビールまで多彩なドリンクと相性がよく、セット販売がしやすいのが魅力です。これにより、顧客はバラエティ豊かな組み合わせを楽しみながら、同時にキッチンカーの売り上げも増加します。セット販売戦略は顧客の選択肢を広げ、満足度を高める一石二鳥の方法となります。

ホットドッグのキッチンカーを開業する際の注意点

調理がシンプルなのでキッチンカーの競合店が参入しやすい

ホットドッグは「特殊な調理器具が不要」「高度調理スキルが不要」という利点があります。これは新規キッチンカーの開業に際して低い参入障壁となりますが、同時に他のキッチンカー事業者も簡単に参入できるため、競合となるキッチンカーが現れやすいというデメリットも考えられます。
開業時には競合のキッチンカーがまだ多く存在しなくても、将来的に競合が現れる可能性に備え、新しい出店場所を常に検討するなど、慎重な計画が求められます。また、ホットドッグ以外のメニューについても試作し、柔軟に展開できるような準備を行うことが重要です。これにより、競争激化にも迅速かつ効果的に対応できます。

高年齢層からの人気が低い

キッチンカーで販売するメニューの理想は、「幅広い年齢層の人に知られ・人気があるメニュー」です。ホットドッグは年齢や性別を問わず広く認知されていますが、購買層は主に年齢が若い層が中心であり、年齢が高い層への人気はあまり高くないです。出店する場所の顧客年齢が高い層になると売り上げに影響が出る可能性があります。
メニューの特性はレシピやトッピングの工夫で大きく変えることでは難しいため、出店場所の選定が重要です。高い売り上げを確保するためには、出店場所に集まる年齢層を意識して、若年層が集まりやすい場所に重点的に出店するなど、ターゲットとなる購買層に合わせたメニュー展開を戦略的に行い、売り上げの最大化を目指します。

ホットドッグのキッチンカーを成功させるポイント

ソーセージ・パンにオリジナルの付加価値をつけて展開する

キッチンカーの売り上げを増やすためには、客単価を引き上げる必要があります。そのためには、ホットドッグに付加価値を加えて販売価格を高く設定することが効果的です。ホットドッグの中心食材であるソーセージやパンにオリジナルの付加価値をつけることで、独自性や品質の向上を狙えます。
例えば、ウィンナーにおいては、全国的に有名なブランド豚や現地で育てられた豚から作られたウィンナーを使用することで、手軽に高い付加価値を提供できます。また、植物性原料で製造されたベジタリアン向けのソーセージを導入することも、多様な顧客層にアピールする手段となります。
同様に、パンに関しても地元のパン屋で調達したり、ライ麦パンや全粒粉パンを使用することで、ユニークで高品質なホットドッグを提供することが可能です。
ソースの材料や製法に関するストーリーを看板などでしっかり伝えれれば、顧客は特別感や味の違いを感じ、高い客単価を受け入れやすくなります。

セット販売やだわったトッピングなので顧客単価を上げる

セット販売や特殊なトッピングメニューの導入は、キッチンカー事業において効果的な戦略です。食べ物と飲み物の組み合わせ販売は、顧客単価を向上させる一環として優れた手段であり、特にホットドッグの柔軟なメニュー構成では容易に実施可能です。ホットドッグはさまざまな飲み物と相性が良いため、コーラやオレンジジュースからコーヒーや紅茶まで様々なドリンクと組み合わせたセットメニューが展開可能です。
トッピングにおいてもバリエーション豊かなアプローチが可能で、チーズ、チリソース、ミートソースなどの定番トッピングから、独自のアイデアを凝らした斬新なトッピングまで提供できます。これにより、顧客は自身の好みに合わせたユニークなホットドッグを楽しむことができ、それが売り上げ拡大につながります。独自性と柔軟性を活かし、食のエクスペリエンスを提供することで、キッチンカーは成功への道を切り拓くことができます。

出店場所の確保をし、見込み顧客の呼び込みを徹底する

キッチンカーの成功には、何よりもまず「出店場所の確保」が絶対に不可欠です。適切な場所の選定がなければ、売り上げが期待できません。営業活動の中で「出店場所の確保」は最優先で対応すべき業務であり、戦略的かつ交通量の多いエリアを選ぶことが成功の鍵です。地域の需要や催事に応じて柔軟に場所を変えることも必要です。
同時に、「見込み顧客の呼び込み」もキッチンカーの成功に欠かせません。外装や看板、のぼり、タペストリーを活用して、キッチンカーが提供するホットドッグの魅力を一目で伝える工夫が必要です。視覚的な引きつけや情報発信を通じて興味を喚起し、購買意欲を引き出す仕掛けが求められます。また、SNSや地元のコミュニティへの参加などを通じて、広報活動を展開することも有益です。これらの戦略を組み合わせ、出店場所の確保と見込み顧客の呼び込みに注力することで、キッチンカーは持続的な成功を収めることができます。

ホットドッグの販売におすすめのキッチンカー6選

1.HOTクール

「HOTくーる」は、美味しいホットドッグとサイドメニューを提供するキッチンカーです。「オリジナルドッグ」は、自慢の大きなフランクが食べ応え抜群の一品です。「チーズポテト」は、ホットドッグの上にフライドポテトととろ〜りチーズをのせたボリューム満点。「フレッシュサラダ」は、旨味のあるフランクの油と新鮮な野菜が口当たりをさっぱりさせ、バランス力抜群です。「チーズキーマ」は、食欲がそそるカレーの香辛料とチーズのまろやかさが絶妙にマッチしています。

2.HOTDOG CAFESTAND STATION東京

手軽に食べられるホットドッグ を専門に扱うカフェスタンド。 食べ応えのある逸品を“スタイリッシュ”に“ジューシー”をコンセプトにキッチンカーで展開しています。
ステーションドッグやスパイシーチリドッグ、メガチーズドッグ、パクチードッグなど様々なホットドッグを提供しています。中でも「ハーブソルトドッグ」はお好みのトッピングをすることができ、「あなただけのオリジナルを作ろう!」というコンセプトのメニューになっています。

3.弥栄

「和」をモチーフにしたホットドッグのキッチンカー専門店です。東京都、千葉県、神奈川県をメインに展開しており、和をテイストとしたオリジナリティーあふれるメニューを展開しています。九州産グラハム粉を厳選して使用したオリジナルメニューをご提供しています。通常の小麦と比較して栄養価が豊富なグラハム粉を使用することで、味わいと香りが一層深まり、噛むほどに口の中に広がる特別な食べごたえをお楽しみいただけます。

4.ここぱん

ホットドッグの専門店ではないですが、コッペパン専門店です。コッペパンは手作りの惣菜や甘いクリームなど豊富なメニューを展開しており、常にフレッシュな状態で提供できるようその場で具材を挟むライブ形式でご提供しているキッチンカーです。イチから手作りのパンがとても美味しく、自家製ならではの味が楽しめます!

5.day1

東京都・千葉県・神奈川県エリアで営業する「day1」は、様々な種類のコーヒーとホットドッグを提供するキッチンカーです。ベーシックなホットドッグに加え、限定メニューとして「REDホットチーズドッグ」や「ピリ辛鶏そぼろドッグ」などを楽しむことができます。

特にこだわりのコーヒーは、使用しているコーヒー豆の違いにより複数のメニューが揃っています。さらに、季節や期間限定で販売される「ミルクコーヒーフラッペ」や「ホットチョコレート」などの新しいフレーバーも幅広く展開しています。

6.MACRAME CAFE

愛知県内で週末を中心に営業している「MACRAME CAFE」は、バラエティ豊かなホットドッグを提供するキッチンカーです。ホットドッグ単体でも「ホットドッグ」「チーズドッグ」「メキシコドッグ」「ステーキドッグ」といった4つのバリエーションをご提供しています。

さらに、各種ドリンクとのセットメニューや、サイドメニューとしてフライドポテト、唐揚げ、かき氷なども取り扱っており、お客様に幅広い選択肢を提供しています。美味しいホットドッグと共に、様々なメニューで楽しいひとときをお過ごしできます。

キッチンカーを始めるならMellow

はじめてキッチンカーを開業する場合、何を考えたら良いのか、どうしたら良いのか分からない。という人も多いのではないでしょうか。そんな時はプロに相談するのもおすすめです。

当メディアを運営しているMellowでは、キッチンカーを開業する方向けに、キッチンカーの基本知識から詳細な数字までお話しているセミナーを無料で行っています。

「開業してみたいけど、どうしていいかよくわからない…」
というキッチンカーの開業でお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

ホットドッグに限らずキッチンカーの開業を考えている人なら開業後には出店場所の選定がとても重要となります。
自身で出店場所を探すのが困難な場合は、株式会社Mellowが無料で提供する「SHOP STOP登録相談窓口」があります。日本最大級のキッチンカー出店場所プラットフォームであるMellowが提供する、出店場所相談サービスです。SHOP STOPの登録は必要になりますが、登録後はキッチンカーで出店したい方ひとりひとりに専属アドバイザーが付き、ニーズに合った出店場所を提案しています。

キッチンカーに関する主な記事

キッチンカー開業を検討中の方は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎