キッチンカーを呼ぶのにかかる費用は?販売方法別の依頼費用や流れを解説

キッチンカーのススメ
キッチンカーを呼ぶのにかかる費用は?販売方法別の依頼費用や流れを解説
イベントごとや空きスペースなどに「キッチンカーを呼びたい!」と思っても、何をどうすればいいか分からない方がほとんどだと思います。そんな方に向けて「どうすればキッチンカーを呼べるのか?」「呼ぶのにお金はかかるの?」など、キッチンカー・移動販売車を呼ぶ際に必要な情報をまとめまました。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

キッチンカーを呼ぶのにはいくらかかる?

キッチンカーをイベント会場や会社に呼ぶのには、いくらぐらい費用がかかるのか?
キッチンカーは移動販売型の飲食店であり、それ自体が珍しい飲食出店方式でもある為、実際に料金がどのくらいかかるのか、おおよその金額がわからないとキッチンカーを自分で呼ぶこともイメージしにくいと思います。ここでは、販売方法別にキッチンカーを呼ぶ際の費用感を紹介したいと思います。

キッチンカーの依頼費用【販売方法別】

商品買取形式

例えば、イベント会場のスタッフや会社の従業員向けに出来立てのお弁当を100食用意したい、という希望の場合には商品買取形式が適しています。

あらかじめ購入したい食数を発注し、当日キッチンカーで納品を受けるという依頼形式です。

キッチンカーへの支払金額の内訳は、お弁当代+交通費=支払金額で、最低3万円ほどから依頼が可能です。どのぐらいの食数のお弁当が必要なのかによってお弁当代が変わり、交通費は遠方の場合に高速道路などを使うために追加の費用がかかることがあります。

支払方法は前払いでの支払、会場で直接支払、請求書等での後払いなど、キッチンカーや仲介会社、販売の方法によって様々です。

売上保証形式

イベント会場のお客さん向け等で、集客が未知数な場合や人数が小規模なイベントの場合には、売上保証形式が選択肢となります。

キッチンカーもビジネスですので、十分な売上が見込めなかったり売上が不確実だと、キッチンカーを呼ぶことは難しいこともあります。そのため、あらかじめキッチンカーに対して一定の食数や売上を保証し、当日、もしその保証金額に売上が達しなかった場合には、保証金額と売上の差額を支払うという依頼形式です。

キッチンカーへの支払金額の内訳は、保証金額-売上=支払金額で、5万円くらいから依頼受けるキッチンカーが多いです。当日の売上が保証金額を上回った場合は、もちろん保証金額を支払う必要がありません。

通常出店形式

イベント会場のお客さん向けや会社等で、過去のイベント開催実績から集客がある程度わかっている場合や、大規模なイベントで集客や会社の周りに人流が見込めそうな場合は、通常出店形式が選択肢となります。

イベントの主催者としてキッチンカーに十分な売上を見込める機会を用意できているのであれば、出店したいキッチンカーが大勢集まります。集客がある程度見込めているイベントは、集客やマーケティングをイベントが実施しているということになるため、キッチンカーから出店費用を頂くという依頼形式です。キッチンカーは通常、出店する際に場所代として出店料を支払いますので、通常出店形式と呼んでいます。

キッチンカーからの受取金額の内訳は、変動の場合はキッチンカーの売上の0%~20%程が相場です。また、固定の場合は数千円~数万円と、集客条件によってさまざまです。

キッチンカーを呼ぶ際の流れ

イベントや会社に最適なキッチンカーを呼ぶためには、しっかりと手配の流れを理解しておくことが大切です。以下に、キッチンカーを呼ぶ際の一般的な流れを紹介します。

問い合わせ

まず最初に、キッチンカーの出店手配を行っている会社に問い合わせをしましょう。電話やホームページの問い合わせフォーム、SNSなどで受け付けている会社が多いです。

問い合わせ時には、以下の項目を伝えるとその後のやり取りがスムーズに進みます。

・イベントの名称(あれば)や会社名
・イベントなどの開催場所
・イベントなどの開催日時(呼びたい日)
・希望の食数やイベントなどの来場者数見込み

希望条件ヒアリング・見積もり

問い合わせが受け入れられたら、具体的なヒアリングを行います。

呼びたいキッチンカーのメニューバリエーションや、呼びたい台数、どういった出店形式にするかなどを打ち合わせ、具体的な見積りが出されます。イベントのコンセプトや規模、来場者の属性に合わせて、最適なキッチンカーを手配しましょう。

契約締結

打ち合わせや見積りの内容が希望と沿ったものであれば、契約を進めましょう。キッチンカーを呼ぶ際の注意点については後述しますが、契約内容や見積りの金額にもしっかりと目を通し、納得してから締結を行うことが重要です。

キッチンカーの出店

開催日時となり、キッチンカーが出店します。契約内容通りの時間、メニューとなっているか、出店前に契約内容を再度確認し、何かトラブルや契約と異なる事態が生じている場合は、キッチンカーの出店手配を行った会社に迅速に確認しましょう。

精算

精算は各社・案件ごとに異なりますので、契約時にしっかりと確認しておくことがおすすめです。後日、揉めてしまわないよう、実績や信頼性の高い出店手配サービスを活用しましょう。

キッチンカーを呼ぶ際の注意点

キッチンカーによる食事はイベント等の重要なコンテンツの一つであり、どのようなキッチンカーを呼ぶかが来場者等の満足度に非常に重要な役割を果たします。こんなはずじゃなかった、とならないよう、以下にキッチンカーを呼ぶ際の重要な注意点を解説します。

違法性の無いキッチンカーか・保険加入がされているか

まず、キッチンカーの営業には保健所の営業許可が必要です。営業許可がないキッチンカーは法的な問題が生じる可能性があり、また、イベント当日の保健所の立ち入り検査で許可要件を満たさない設備が見つかった場合、その場で営業許可が取り消されることもあります。

また、キッチンカーが事故やトラブルを引き起こした場合のために、保険に加入しているかも確認しておくことが重要です。PL保険に加入するキッチンカーは多いですが、施設賠償保険に加入していないキッチンカーも多いため、事前に加入しているかどうかを確認しましょう。

出店経験が豊富なキッチンカーか

次に、出店経験が豊富なキッチンカーかどうかです。イベントの運営には『想定外の出来事』が付き物ですが、キッチンカーの営業も同様です。経験豊富なキッチンカーの方が想定外のトラブルにも対処しやすいでしょう。

もちろん、新しく開業したキッチンカーの中にも臨機応変に営業でき、フレッシュでやる気に満ちている方もいらっしゃるので、イベントの規模や重要度によって、どういったキッチンカーが最適か、出店手配を行う会社と相談しましょう。

キッチンカーを始めるならMellow

Mellowは、キッチンカーとオフィス街や住宅街、イベントを中心とした出店場所のマッチングプラットフォーム『SHOP STOP』をはじめとし、お客さま向けのモバイルアプリ、キッチンカーの開業および経営支援・買収、地方創生支援事業など、オペレーションと営業力、システム開発力を強みに様々な事業モデルを展開しています。

キッチンカーを始めるなら、Mellowまでお気軽にご相談ください。

まとめ

この記事では、キッチンカーを呼ぶのにかかる販売方法別の依頼費用や流れ、注意点について解説してきました。

キッチンカーには目の前で調理した出来立ての料理を味わえるという魅力があります。イベントや会社の懇親会などのコンテンツの一つとして試してみるのはいかがでしょうか。

キッチンカーに関する主な記事

キッチンカー開業を検討中の方は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎