「ミライノ☆ダイニング」の鉄板焼きキッチンカーで、手ごねハンバーグステーキと特選ビーフステーキを堪能しよう!

おすすめキッチンカー特集
「ミライノ☆ダイニング」の鉄板焼きキッチンカーで、手ごねハンバーグステーキと特選ビーフステーキを堪能しよう!
「ミライノダイニング」の鉄板焼きキッチンカーは、手ごねハンバーグステーキと特選ビーフステーキが人気のお店です。手ごねハンバーグステーキは、あいびき肉を使用し、飴色にした玉ねぎと軽くソテーした玉ねぎを混ぜ合わせて作られています。その柔らかさが特徴で、オニオンソースがおすすめ。

特選ビーフステーキには、アメリカ産USAプライムビーフが使用されています。鉄板上でシズルと音を立てながら焼かれるお肉は、顧客の目と耳で楽しませてくれます。

細貝さんは、特に常連のお客様に対しては、「いつものでいいですか?」と注文を受けます。細貝さん曰く2回以上来店したお客様の顔は必ず覚えていると自信を持っていて夫婦連携が活きている店舗です。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎
こんにちは、キッチンカーの出店状況を確認できるアプリ「SHOP STOP」の広報担当城後です。

今回は、焼きたてのお肉が魅力的な鉄板焼きのキッチンカー「ミライノ☆ダイニング」さんの店舗紹介をしたいと思います。

ミライノ☆ダイニングさんは、手ごねハンバーグステーキが絶品のお店です。

オーナーの細貝さんと奥さんは、鉄板焼きの店で出会って結婚したご夫婦です。キッチンカーで鉄板焼きを始めた理由や、メニューのこだわり、接客について大事にしていることなど、お話を伺いました。
▷「ミライノ☆ダイニング」 SHOP STOP出店スケジュール

毎週月曜日 飯田橋(飯田橋ラムラ)11:30 〜 14:00
毎週火曜日 海岸(東京ポートシティ竹芝)11:30 〜 14:00
毎週水曜日 赤坂(赤坂ガーデンシティ)11:30 〜 14:00
毎週木曜日 大崎(大崎ガーデンタワー)

※2023年11月現在の出店スケジュール
※最新の出店情報はSHOP STOPのスマホアプリからご確認ください。
※下記の「このキッチンカーをお気に入りに追加」ボタンからお気に入り登録可能です。

「ミライノ☆ダイニング」ふわふわの手ごねハンバーグステーキが人気のお店


「ミライノ☆ダイニング」の一押しメニューは、ふわふわの「手ごねハンバーグステーキ」です。当初はビーフステーキとチキンステーキのみを提供していましたが、ランチタイムのお客様をお待たせしたくないという思いから、提供スピードを重視して手ごねハンバーグをメニューに加えました。

その結果、手ごねハンバーグが大人気となり、現在では赤坂と大崎の店舗で最も人気のメニューとなっています。このハンバーグは、あいびき肉を使用し、飴色にした玉ねぎと軽くソテーした玉ねぎを混ぜ合わせて作られています。その柔らかさが特徴です。

また、このハンバーグにはこだわりの玉ねぎがたっぷりと入っており、特にオニオンソースがおすすめです。

ソースはオリジナルソース(にんにく、生姜、醤油を使用)、玉ねぎたっぷりのオニオンソース、ガーリックバターから選択可能です。特選ビーフステーキにはオリジナルソース、チキンステーキにはガーリックバターソースがよく合います。

お弁当の副菜はサラダとマカロニで、星型の可愛らしい人参がアクセントとして添えられています。この星型の人参は、給食のスタッフをしていた奥さんが子供たちに喜ばれた経験から始まりました。大人も喜んでくれるだろうと考えて取り入れたそうです。

「開業当初は、「星の乗ってるステーキ屋」と覚えてもらえればと軽い気持ちで始めました。しかし、50食程度から100食以上を提供するようになると仕込みが大変になりました。それでもお客様が喜んでくれることを考えると、些細なことでも続けたいと思っています。星型の人参はお客様同士の話題作りにもなりますし、ランチタイムに少しでもお客様がハッピーになってくれるなら嬉しいです。」

と細貝さんの奥さんが笑顔で話してくださいました。

お弁当には 自分が食べて美味しいと思ったこだわりのお肉「特選ビーフステーキ」にはアメリカ産USAプライムビーフを使用

「ミライノ☆ダイニング」のもう一つの注目メニューは、「特選ビーフステーキ」です。このステーキには、アメリカ産のUSAプライムビーフが使用されています。

ご夫婦は、さまざまな種類の肉を試した結果、USAプライムビーフが最も美味しいと感じ、自信を持って提供できるものをお客様に提供したいという思いから、この肉を選んだそうです。

このUSAプライムビーフは、ブロック状の肉を肉屋から直接発注し、店舗で一つ一つグラム単位で計りながら切り分けているそうです。これにより、美味しい肉を低価格で提供することが可能になったと教えてくださいました。

また、ステーキは一枚ずつ丁寧に叩いて柔らかさを引き出しているんだとか。

「肉をブロックで購入し、切り分けたり叩いたりすることは時間と労力がかかる作業ですが、お客様に美味しいものを食べていただきたいという想いで作っています」と細貝さんは教えてくれました。

視覚と聴覚で楽しめる鉄板焼きのキッチンカーでありたいという願い

「ミライノ☆ダイニング」は、「見て、聞いて、楽しんでもらえるキッチンカー」を目指しているんっだそうです。そのため、お客様が見やすい位置に鉄板を設置し、料理のライブ感を演出しています。

鉄板上でシズルと音を立てながら焼かれるお肉は、シズル感があり目と耳に楽しめますね。

鉄板の温度や火加減にも細心の注意を払い、お客様に最適な状態で料理を提供するよう努めているとお話ししてくださいました。

私が訪れた際にも、鉄板からはシャカシャカと楽しい音が聞こえ、ジュージューと焼ける肉の音がライブ感を醸し出していました。

細貝さんはお客様を待たせたくないと話していますが、「これなら、待つことも楽しい!」と思ってしまうほどです。

「ミライノ☆ダイニング」超常連さんは「いつものでいいですか?」だけで感じる特別感

細貝さんは、お客様への接客に特に気を使っているともお話ししてくださいました。

特に常連のお客様に対しては、「いつものでいいですか?」と注文を受けます。細貝さん曰く2回以上来店したお客様の顔は必ず覚えていると自信を持っているそうです。

しかし、混雑時には会話を楽しむ時間が取れないこともあります。

それでも、3ヶ月ぶりに来店したお客様に「いつものでいいですか?」と尋ねたとき、そのお客様がメニューの量、ソースの分類まで覚えていたことにとても感動してくれたことがあったそうです。

そのような経験が、一人一人のお客様との距離を縮める努力を続ける原動力となっていると教えてくださいました。

「あるトラック運転手さんは、3ヶ月間出店していた麹町まで足を運んでくれた後、別の営業現場までわざわざ足を運んでくれたんですよ。」と細貝さん。

一人一人のお客様が何を食べたかをしっかり覚えていることには自信があるそうです。

キッチンカーだからこそ、鉄板焼きの店舗よりも短時間で接客でき、顧客との距離が近くなることが嬉しいそうです。

「お客様が喜んでくれる顔を近くで見られる仕事は、何よりも嬉しい」と満面の笑みで教えてくれました。

ランチタイムは貴重な時間ですから、お客様を待たせることは避けたいと考えているのだそうです。

多くのお客様が来店されるため、どんなに忙しくても「少しでも良い気持ちで購入して欲しい」という思いから、笑顔で接客しているともおっしゃっていました。

細貝さん曰く「私たちのために忙しい昼休みを使って来てくださる」という感謝の気持ちが大きいそうです。

鉄板焼きの店で出会い、結婚した夫婦:「ミライノ☆ダイニング」のオーナー

「ミライノ☆ダイニング」のオーナーである細貝さんと奥さんは、鉄板焼きの店で出会い、結婚した夫婦です。

細貝さんは料理人として鉄板焼きの店で働いていました。一方、奥さんはホテルに料理人として就職し、そこでステーキハウスに配属されました。その経験から、「顧客との距離が近い」鉄板焼きの面白さに魅了され、その後も鉄板焼きの店を中心に働くようになりました。そして、そこで細貝さんと出会いました。

お子さんが生まれたことを機に、二人とも子供との時間を大切にするために鉄板焼きの仕事から一時的に離れました。

しかし、お子さんが中学生になり、子育てが一段落したことから、再び好きな鉄板焼きの仕事を始めることを決意。飲食店を経営するために固定店舗を探しましたが、適切な店舗が見つからなかったそうです。

固定店舗を開業するには大きな資金が必要だったため、キッチンカーという選択肢に目を向けました。キッチンカーを見て回るうちに、その魅力に取り憑かれ、開業を決意されたそうです。

開業前にご友人の紹介で、他のキッチンカーでアルバイトをするなどの経験を積むことができたんだそうです。

それが本当に良い経験になったんだとお話ししてくださいました。

でも、開業してみると、夏場は非常に厳しいものがありました。営業開始から3ヶ月で、100食の現場に入ることになり、細貝さんは熱中症で倒れることになったそう・・・。

また、開業後もベテランのキッチンカーのオーナーからアドバイスやサポートを受けることができました。

たくさんの方の支えがあったからこそ、今があると今はとても感謝しているとお話ししてくださいました。また、困ったときに先輩が助けてくれたからこそ今思うのは、キッチンカー業界のつながりの良さを大切にしていきたいと細貝さんは考えています。

まとめ


ミライノ☆ダイニングは、手ごねハンバーグステーキや特選ビーフステーキなど、鉄板焼きの美味しさが魅力のキッチンカー店舗です。

オーナーの細貝さんと奥さんは、鉄板焼きの店で出会って結婚した夫婦で、キッチンカーで鉄板焼きを始めた理由やこだわりを語ってくれました。

お客さんから見える位置に鉄板を設置してライブ感を演出し、「みて聞いて楽しんでもらえるキッチンカー」を目指しているんだそうです。

出店場所が気になったら、「SHOP STOP ミライノ☆ダイニング」と検索してみてくださいね!

また、SHOP STOPアプリや公式HPでは最新のミライノ☆ダイニングさんの出店情報やお気に入り登録ができるので現在の状況を確認できます。

キッチンカーに関する主な記事

キッチンカー開業を検討中の方は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎