【最新版】ビジネスで空きスペースを活用した事例6選~メリットやコツも解説~

キッチンカーのススメ
【最新版】ビジネスで空きスペースを活用した事例6選~メリットやコツも解説~
この記事では初期費用を最小限に抑えつつ、比較的手軽にビジネスを始められる、空きスペースを活用したサービスに焦点を当ててます。空きスペースを持っているけれども、どのような方針でビジネスを進めればいいのかという疑問に対する参考になれれば幸いです。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

ビジネスにおける空きスペースの活用事例6選

ここではビジネスにおける空きスペースの活用事例6選をご紹介します。
以下の事例は、空間を新たなビジネスの機会に変え、地域コミュニティや経済に活気をもたらす活用の一例です。

駐車場

空きスペースを駐車場として活用することは、都市部やイベント会場などで一般的なビジネスモデルです。例えば、商業施設やオフィスビルの近くにある空き地や未利用の土地を、駐車場として有効活用することができます。これにより、地域の駐車需要に対応し、駐車スペースの不足問題を解消することができます。駐車場の運営には、安全な車両の駐車や適切な案内、料金の徴収などが必要です。
また、スマートな駐車場管理システムの導入や、オンライン予約システムの提供など、技術の活用も重要です。駐車場の位置や利便性、価格設定などを考慮して、利用者にとって魅力的なサービスを提供することが成功の鍵となります。

キッチンカーの誘致

空いている屋外スペースには、キッチンカーを誘致することができます。これにより、新しい飲食店や料理人にとって低い参入障壁のビジネス機会が提供され、地元の起業家やシェフが市場に参入しやすくなります。これにより、多様な料理や食文化が地域にもたらされるだけでなく、イベントやフェスティバルの活性化にも寄与し、観光地や商業エリアの魅力を向上させ、地域経済を活性化させることができます。
また、空きスペースを有効に活用することで地域全体の魅力が向上し、多様な料理の提供により食の楽しみを拡充させ、地域社会にポジティブな影響をもたらします。

貸しパーティールーム

プライベート利用のパーティー向けスペースでは、アットホームな雰囲気作りが重視されています。リビング(ダイニング)セット、ソファ、ラグなどの設備が一般的で、エンターテイメント要素としてTVやトランプ、ゲーム機も備えられることがあります。差別化を図るためには、カラオケ機器やダーツ台などが設けられることもあります。

ただし、飲酒やゲームが可能なスペースでは、楽しい雰囲気の中で誤って設備を損壊したり、騒音で近隣に迷惑をかけるリスクが潜んでいます。これを考慮して、損壊しにくい設備を選定したり、騒音センサーを導入するなどの対策が必要です。

貸し会議室

貸し会議室はビジネス利用において高い需要があります。企業の中には会議室が不足しているため利用する企業や、リモートワークを採用する企業がニーズを抱えています。中型・大型スペースはセミナー会場として、小型スペースは面接会場としても利用可能です。

このビジネスの特長として、デスクとチェアを含む基本的な設備に、必要に応じてWi-Fi、スクリーン、プロジェクタ、ホワイトボードなどを用意するだけで運営が開始でき、初期投資や開業準備の手間が少ないという点が挙げられます。これにより、迅速にサービスを提供でき、需要に対応しやすくなります。

シェアオフィス・コワーキングスペース

ビジネス向けの空きスペース活用例として、貸し会議室と同様に注目されるのが、レンタルオフィスやコワーキングスペースです。近年では、リモートワークを奨励する企業が増加しており、これに伴い、シェアオフィス・コワーキングスペース(複数の企業や個人がワークスペースを共有して利用するオフィス)が広がりを見せています。

時間単位ではなく、月や年単位でオフィス空間を貸し借りするレンタルオフィスも存在し、駅近や都心に近いほど需要が高まっています。これは特に創業期のスタートアップ企業やベンチャー企業にとって魅力的であり、柔軟なオフィススペースの提供が求められています。新しいオフィスの形態として、これらの空間の利用が拡大している傾向があります。

託児所

託児所もまた空きスペースの活用法のひとつと言えるでしょう。特に、リモートワークが一般化している現代では、多くの親が自宅での仕事と育児を両立させる必要があります。このような状況下で、ビジネスやコワーキングスペースなどの施設に併設された託児所は非常に有益です。託児所があれば、親は自分の仕事に集中できるだけでなく、子供たちも安全に管理された環境で遊びながら学ぶことができます。

空きスペースを活用した最新トレンド

最新のトレンドとして、空きスペースの創造的な活用が注目を集めています。これまでにないアイディアと柔軟性が融合し、空間の有効活用が新たなビジネスやコミュニティの形成につながっています。

コワーキングスペースやレンタルオフィスだけでなく、ポップアップストアやエクスペリエンス型施設が増加しています。空きスペースは一時的なイベントや新しい商品のプロモーション、アートや文化の発信の場として利用され、消費者との直接的な交流を促進しています。

さらに、持続可能性への関心が高まる中、エコフレンドリーなプロジェクトや社会的な使命を持つプロジェクトが空きスペースで展開されています。これにより、ビジネスが社会的な価値を提供し、同時に地域社会と連携して持続可能な影響を生み出すことが期待されています。

空きスペースの最新トレンドは、柔軟性、創造性、持続可能性が結びついた新たなビジネスモデルの創出に寄与しており、今後も進化し続けることが予想されます。

シェアサロン

シェアサロンは、施術ベッドや必要な備品が揃ったスペースを時間や月単位で貸し出すビジネスモデルです。このスペースは、ネイル、整体、パーソナルトレーニングなどさまざまな用途に利用されます。

通常、ネイルサロンや整体店を独立開業する場合、それには相応の開業資金とリスクが伴いますが、シェアサロンの場合は初期費用がほとんどかからず、手軽に開業できる特長があります。この点から見ても、シェアサロンはフリーランスの事業者にとって非常に魅力的なサービスと言えます。

また、既存のサロンが運営している店舗で、遊休スペースや時間がある場合は、それをシェアサロンとして貸し出すことも一つの有益な選択肢となります。

ポップアップストア

最近注目を集めているのが、ポップアップストアと呼ばれる形態のショップです。皆様はその存在をご存知でしょうか?ポップアップストアは、空きスペースや既存店舗の一部を利用して期間限定で出店する形態の小売店のことを指します。このスタイルはもともとイギリスなどで人気を博したもので、売り上げを伸ばすだけでなく、宣伝効果を高める狙いがあります。特に、SNSの普及により、ポップアップストアの出店によって商品やブランドの認知を高め、一気に拡散させる絶好の機会となっています。

最近では、ポップアップスペースを掲載する専門のウェブサイトも増加しており、スペースを提供し収益化を図りたいオーナーと、スペースを借りてプロモーションを行いたいメーカーや小売業者とのマッチングがより容易になっています。このトレンドは、空きスペースを有効に活用し、新たなビジネス機会を生み出す可能性があります。

荷物預かり・物置き

最新の傾向として、物置きのシェアサービスが広く普及しています。通常、物置きといえばコンテナ型のトランクルームを借りるというイメージがありますが、最近ではマンションの一室や、閉店した店舗スペースなどが荷物の預かりスペースとして提供されるケースが増加しています。

利用者にとっては、伝統的なトランクルームに比べてリーズナブルに利用できるといった利点があります。一方、スペースを提供する側も、備品などを揃える必要がなく、極めて手軽に未使用のスペースを有効活用できるメリットがあります。また、マッチングサービスが存在することで、スペース提供の告知も容易に行えます。

電動キックボードのシェアリングサービス

自動販売機2台分から設置可能なため、今まで使い道がなかった小さなスペースを有効活用することができます。 放置されうるスペースをポートにすることで、放置自転車や違法駐輪などの防止にも役立ちます。 車両の貸し借りをするためのポートを設置することで、店舗への集客効果や、駅から離れた物件の移動効率の向上が見込めます。

ビジネスで空きスペースを活用するメリット

ビジネスで空きスペースを活用する際の主なメリットは、まず第一に、収益の最大化です。空きスペースを利用することで、新たな収益源を生み出すことが可能で、例えばコワーキングスペースやレンタルオフィスなどを提供することで、賃料収入を得ることができます。

また、初期投資の軽減も大きな利点の一つです。既存のスペースを有効に活用する形でビジネスを展開する場合、新たに建物や施設を建設する必要がなく、これに伴う初期投資や開業費用を大幅に軽減できます。

さらに、地域社会との連携やコミュニティ形成など、空きスペースを活用することでビジネスが地域に対して持続可能な影響をもたらすことが期待されます。これらのメリットは、空きスペースを有効に利用することで事業の成功を後押しします。

ビジネスで空きスペースを活用するデメリット


ビジネスで空きスペースを活用する際のデメリットには、いくつかのポイントがあります。
まず、空きスペースを新しいビジネスに適応させるためには、必要な設備や改修が必要です。これには一定の費用がかかります。特にスペースの状態が良くない場合は、追加のコストが発生する可能性があります。この点は、適切な設備や雰囲気を整えることが難しい場合に課題となります。

また、空きスペースを特定のテナントに貸し出す際、適切なテナントを確保する難易度も考慮すべきです。ビジネスの種類や地域の需要に合ったテナントを見つけることが難しい場合、スペースが空きっぱなしになるリスクが生じます。

これらのデメリットは、空きスペースを活用する際には慎重な計画と調査が必要であることを示唆しています。

ビジネスで空きスペースをうまく活用するポイント

ビジネスで空きスペースを効果的に活用するためには、以下のポイントが重要です。

① 市場調査と需要の把握

スペースの活用を検討する前に、地域の市場調査を行い、どのようなビジネスが需要がありそうかを把握することが重要です。ニーズに合ったテナントやサービスを見つけるために、地域の動向や人口統計データを確認しましょう。

② 柔軟なビジネスモデルの構築

空きスペースを活用するビジネスモデルは柔軟でなければなりません。需要が変動する可能性があるため、異なるタイプのテナントや利用者に対応できるような柔軟性を持ったビジネスモデルを構築することが重要です。

③ 施設やサービスの向上

空きスペースを魅力的にするためには、必要な設備やサービスを整備することが欠かせません。利用者やテナントにとって便利で快適な環境を提供することで、スペースの価値を向上させることができます。

④ デジタルプラットフォームの活用

空きスペースを効果的にマーケットに参入させるためには、デジタルプラットフォームを活用することが重要です。オンラインでスペースを広告し、需要と供給をマッチングさせることで、テナントや利用者を獲得しやすくなります。

⑤ 地域社会との協力

空きスペースの活用は地域社会との協力が不可欠です。地元のニーズやトレンドを理解し、地域社会との連携を図ることで、地元住民や企業とのパートナーシップを築き、共に発展していくことが可能です。
これらのポイントを考慮しながら、空きスペースの効果的な活用を検討することが成功の鍵となります。

まとめ

新たなビジネスの形態として、空きスペースを多岐にわたる目的で貸し出す事業が盛んに展開されています。これまで未活用だった不動産を有効に活かし、レンタル料金による収益だけでなく、入居者に対する価値提供や不動産のバリューアップも期待できます。
遊休スペースを所有する事業者や個人の方々にとっては、この機会に是非ともスペースのシェアリングビジネスを始めてみることを検討していただきたいと思います。

キッチンカーに関する主な記事

キッチンカー開業を検討中の方は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎